プラセンタ点滴とは

   

副作用

プランセンタ点滴はほとんど副作用がないことで知られていますがごく稀に
悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹などの症状が生じる場合があります。

このような副作用が起きた場合にはすぐにプランセンタ点滴の投与を中止することが求められます。

また注射部分に発赤の症状が出る場合がありますが基本的には
数日程度で収まるので、ひとまず様子を見るのも良いかもしれません。

とても大事


この他にもプランセンタ点滴がたん白アミノ酸製剤であるため、アレルギー反応が起きたり
閉経後の月経再開が見られることもあります。

出来るだけプランセンタ点滴を安全に受けるために気を付けたいこととして
整脈注射を避けることが挙げられます。

整脈注射は投与法として認可されていないたショック状態や呼吸困難、ホルモン異常などが生じる危険性があるからです。

基本的には皮下注射か筋肉注射の投与法で受けることをおすすめします。
またどこに、どのように、どのくらいのペースで投与するのかをしっかりと説明してくれる
信頼の置ける医師がいるところで受けるようにしましょう。

初めにカウンセリングがあるので、その時に少しでも不信感を持つような対応をされたのであれば
別のところに行くことをおすすめします。

プランセンタは美容形成における効果が注目されており、化粧品のような感覚でやってみたくなると思います。
また、ほとんど失敗することや副作用が起きる危険性はありませんが、ごく稀にあるので
理解した上で受けるようにしましょう。

生きる

Copyright (C) placenta2016

IV>